スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べて、祈って、恋をして・・・♪

  • 2015/12/13(日) 17:14:35

S__14442531.jpg


日曜日の夜から金曜日の朝帰ってくるシンガポール出張へいってきた。工場へ行き、注文した大型の製作物の納品前チェックとセンサー試験のためだった。連日ホテルに戻るのは10時過ぎ。でも、食事が朝から最高のものだった。朝8時にむかえがくると、地元で美味しいといわれるフードコートに連れて行ってくれる。どれも300円程度の朝ごはんだ。からっと晴れた青空の下の朝食は、いつも以上に美味しく感じた。工場とダウンタウンが遠いということもあったのだが、唯一の楽しみが食事にちかい。おかげで、体も大きく増量中。確実に体が重く感じる。体重計にのり、みたくない数字を目にする。そして金曜日、ムカツク上司に心の中で中指たてながら小言を言われる。結局仕事が楽しくても、ストレスを感じるのは人間関係である。でも、このジレンマは、社会生活を送る上でしょうがないものだととらえる。
今夜から少しデトックスを始めようかと考えている。食べて祈って恋をして。そんな日々なのだ。でも、最近忙しすぎて、なんだか恋が縁遠い。少し、体をおとして、キレイになって素敵女子になるのだ。あはは。
そうそう、同年代の親しい女子3人も、なんと8個下に告られるという事態。男子はアラサーに憧れちゃうんですかね。昨夜、友人宅にて、友人の旦那さんにこの話をしたら高笑いをされたわけです、笑。残りの12月、(むかつく上司はいるけれども)気持ちよく過ごしたい。

スポンサーサイト

焼肉じゃんけん!

  • 2015/10/06(火) 19:14:57

DSC09299 - コピー



最近、大きな失恋をした私は、心がぽっかりと穴があいている状態。
涙であふれさせることもしたくないし、じわじわと、傷をぬっている。
当分、その傷がいえるまでおとなしくしていようと思っているところだった。

facebookやLineでつながっているため、このあまりにもおもしろすぎる状況を、facebookに書けない。
事の発端は、来月久々に来日する香港の友達を連れて行くお店だった。
彼女の希望は、東京での焼肉。日本人の私たちからすると、焼肉っていつでも食べようと思えば食べれるし、東京の焼肉がどこがいいかなんてわからなかったわけだ。
前回、彼女が来日したときに既にジョジョエンランチは済んでいる。

そんなわけで、全く東京の焼肉に詳しくない私がとった行動は、焼肉にくわしそうな人に聞くということでした。くわしそうな人、沖縄で知り合ったお兄さんがグルメ全般に詳しそうだった。彼にひとまず聞く。それから、肉のイメージたっぷりの仲良しの女弁護士。彼女にも聞く。焼肉じゃんけんの戦いのひぶたはここから始まった・・・。お互い、1歩1歩ゆずらない展開に。

『ジャンボ!』 

『きらく亭』
 ・
 ・
 ・
 ・
『あ、そこも悪くないですね。。。ここはあそこの亜流で』

お互い、『その人、なかなかやね』とか、『悪くない、その焼肉店チョイス』ナゾです。
なんなんすか、この私を介した焼肉バトル。時々、あいこまで出る。どんだけ都内の焼肉を食い尽くしているのか、別の心配までしてくる。最後はバトルは終焉し、仲良くなったという結末。うーん。。。お互いfacebookでお友達申請まで。人とのつながりっていうのは、すごいなぁって思うのだ。

不思議なつながりだ。
あの日、あの時、私があそこで食事をしていなかったら、こんなつながりも生まれなかったと思うと、ちょっとつらかったあの航海に感謝なわけだな。

HOTARU

  • 2015/08/20(木) 16:57:04

IMG_1924 - コピー


会社の指示とはいえ、時々理不尽な仕事を強いられることもある。ただでさえ、出張が多かったのにふりかかってきた別の出張。なんと、場所はインドへ。サザンのライブへいけない悔しさを、船上で葡萄を聞く日々だった。一番聞いていたのは、『蛍』だった。永遠のゼロの主題歌ともなったこの曲は、すごく歌詞が切なく響いた。
インドは、特別な航海だった。今までにはない極秘のものが飛び交っていた。船以外で他言してはいけないこと、いいこと、不思議な線引きだった。衛生環境も決して良いといえない、食べ物の制限も多かった。牛!?もちろんダメ。何よりもイレギュラーなのは、入れ替わり。週に1度のメンバーの入れ替えがある。恋愛のないようなあいのりのような。恋愛のないテラスハウスのような。通常の航海は、研究者は同時に一緒に乗り込み、同時に下船する。今回は、ヘリコプターで見送る。
普段は一緒に働かない人とも一緒に働き、尊敬し、考え議論する。特別な空間は、ストレスも多かったけれど、少し気に入っていたのかもしれない。最初のリーダーがおりる時、『蛍』を聞きまくったら泣きそうだった。戦争ってこういう気持ちにさせるのかなって少し思ってしまった。(もちろん私たちは特攻隊でもないけれど)
研究に関しては先の見えない議論を続けることがつらいときもあった。でも、久しぶりに大学の同期と働けたり、卓球でストレスをぶつけたり、レポートに追われたり、次は、この夏ラストの航海。台風がこわすぎる。私は無事に来週はう船の上にいられるのだろうか・・・それはまた別の話・・・・。

美味しい話

  • 2015/08/04(火) 14:00:15

IMG_1664.jpg


最近、すごい感動した食材がある。それは、“トリュフ塩”だ。実は、一度買おうか悩んだことがあって、その時は買わなかったのだけど、ちょっとだけ後悔していたのです。やっぱり買おうと思って、成城石井で購入。そしてやっぱり後悔。なぜならって、とっても美味しかったのです。ショックなくらい。こんなに美味しいのならば、もっと早くに買っておくべきだった!
そんなわけで、早速ベーコンとパルメジャンチーズ、植物性生クリームを買い、トリュフ塩を用いたカルボナーラに挑戦。
途中、味見をしたときに、卵がいらないほどの濃厚な味わいに驚愕。私、シェフになれるかも(いや、なれはしないのだが)。とってもシンプルな味付けなのに。すぐに誰かに食べさせてあげたくなった。こういう気持ちって大事だなぁって思う(勝手に思ってる)。あまりの美味しさに写真も撮りわすれたほど。

今回は代わりの写真。シンガポールのラッフルズホテルの朝食ビュッフェ。ランチビュッフェの値段が払えず、朝食ビュッフェにしたのだ。朝6時にシンガポールに到着。心からこの朝食に敬意を表してスマートカジュアルに空港で着替える。スーツケースをひきずってラッフルズホテルへ。サービスも完璧。特別オーダーで、オムレツ、お粥、ワッフルを好みの味にオーダーができる。それから起きる予期せぬ出来事を考えずに、朝食をほおばる。本当に美味しかった。
満腹の状態でホテルを出ると、日本人のおばちゃんの集団が5?6人位で、けたましい声をあげながら、Tシャツ姿でホテルの入り口を写真にとっている。ちょっと残念な気分に。ほかの観光客の人も写真をとっているが、みんな静かに写真をとっている。ホテルの人も眉をひそめている光景だった。ラッフルズホテル。そこは最高級ホテルであり、日本軍に占領された暗い過去がある。ホテルの名前は、“昭南旅館”に変更させられた。だからこそ、礼儀をわきまえてほしいと思ったのだ。それにしても、朝食は美味しい。久しぶりに東南アジアが恋しくなった。

たまには恋の話でも・・・

  • 2015/06/29(月) 10:53:07

IMG_1184.jpg


先日、何年ぶりというくらいにデートをした。実際、2回ほどデートをしたのだが、友人の紹介で知り合った人だ。1回目でお互いいい人だという認識はもてたものの、やっぱりなんとなく私の中で違和感があった。3週間後、2回目のデート。その違和感は、相変わらずあった。食べ方、しゃべり方、声、いい人なんだけど、ピンとこない
。正直、友達としていい人だけど、彼氏としては箸にも棒にもひっかからないこの感性。テンションがあがらないのだ。
わかってる、たとえばいっそキープしちゃえば的な。でも、キープすらイヤなのか?って思ってしまった。

同期などの友達は、『もういい年なんだから、もしかしたらつきあうかもしれないよー。たった2回デートしただけで人を判断できるの?』って。確かに、言ってることはわかる。男の同期は、『減点法しかないんですか?』って聞かれる。うんとしかいえない。

じゃぁ、加点法の男はどこにいるのだ?

やっぱり、気になる人はそのひとのいいところも悪いところも全部好きになりたいなって思う。それが加点法。え?それこそ理想が高いって!?

とはいっても、次は禊の航海。お酒も断酒して、1ヶ月がんばります。9月の終わりまで夏休みがない、涙。

夜は、外食が多くなりがちなこの1週間。
朝と、昼はてづくりのお弁当。
最近、なんと朝起きてたきたてのご飯をつめるのが最高の至福のとき。
やっぱり、土鍋で炊いたご飯っておいしい。
さらに、ベジブロス入りの野菜の甘みたっぷりのお味噌汁もこれがまた美味しい。仕事のストレスで、ぶつぶつ出てきていた額が改善してきました。そして何よりも今気になる男子も、野菜が好き♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。